カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2016年6月 6日 (月)

安眞 白文

_

滴仙 初級用 課題

安眞

24mm×24mm

Posted from kepaddictus

2016年6月 1日 (水)

安眞 朱文

_

滴仙 初級用 課題 24mm×24mm

安眞

Posted from kepaddictus

2016年5月27日 (金)

猶龍

Photo

創作 25mm×25mm

猶龍:龍に比すべき大人物の意

Posted from kepaddictus

2016年5月24日 (火)

呉昌碩 老鈍

_

滴仙会 上級用 模刻課題

Posted from kepaddictus

2016年5月22日 (日)

招涼 白文

__2

滴仙会 初級用 模刻課題

Posted from kepaddictus

2016年5月21日 (土)

招涼 朱文

_

滴仙会 初級用 模刻課題

Posted from kepaddictus

2016年5月 9日 (月)

初孫への記念

初孫に会いに来ました。家内との共同作品をプレゼントするためです。印は私が作って、字は家内が書いています。

「壽郎」は漢字でしたので普通に印にできます。ジョセフは一捻りして「賦譽」と雅号を付けてあげました。創世記のヨセフ物語です。神様はいつもヨセフと共におられ、行く先々でヨセフを成功させました。結果、ヨセフは常に光栄を極めます。

"パロはヨセフに言った。「神がこれらすべてのことをあなたに知らされたのであれば、あなたのように、さとくて知恵のある者はほかにいない。 あなたは私の家を治めてくれ。私の民はみな、あなたの命令に従おう。私があなたにまさっているのは王位だけだ。」"(創世記 41章)

ヨセフは神様からの賜物を活かして一生懸命に生きました。こんな人であって欲しいと願いを込めて「賦譽」印を作りました。

一人の人が誕生したのです。多くの人の内の一人です。生涯に接する人々との相互作用は神様の栄光を示します。子は明るい未来しか見ていません。大人は子から希望を分けていただけます。私たち大人が子を見て、心温まる理由はここにあるのだと思います。

Posted from kepaddictus at Facebook

2016年5月 2日 (月)

双鷗

NHK篆刻友の会 創作課題
秦の時代の私印に似せて作りました。

Posted from kepaddictus at Facebook

2016年4月18日 (月)

呉昌碩 野隺老人

__3

滴仙会上級用 模刻課題

Posted from kepaddictus

2016年4月13日 (水)

昨日はアウトレットショッピングモールに行ってきました。

私はMikiHouse派でファミリア派の家内と意見が一致しないことが判明しました。
息子夫婦はヘビメタフリークスなので私の勝ちと宣言しておきましょう。

Posted from kepaddictus

より以前の記事一覧