« 彼のレプラはきよめられた | トップページ | 彼は主を信じた。主はそれを彼の義と認められた »

2016年9月25日 (日)

武士道

武士道は新渡戸稲造が書いたのではなくて、新渡戸稲造が英訳して海外に紹介したと知りました。驚きです。極めると聖書が示す真理にたどり着くのかと感動しました。

"愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。愛は決して絶えることがありません。"(コリント人への手紙第一 13章4-8)

"礼の最高の形態は、ほとんど愛に近づく。我々は敬意をもって云い得る。「礼は、長い苦難に耐え、親切にして、人を妬まず、自慢せず、思い上がらず、自身の利益を求めず、誰彼に動かされず、容易に挑発せず、悪事を企まない」。"(武士道)

<対比>
(武士道=聖書)
長い苦難に耐え=すべてをがまんし
親切=自分の利益を求めず
人を妬まず=人をねたみません
自慢せず=自慢せず
思い上がらず=高慢になりません
自身の利益を求めず=自分の利益を求めず
誰彼に動かされず=人のした悪を思わず
容易に挑発せず=礼儀に反することをせず
悪事を企まない=不正を喜ばずに真理を喜びます

礼が愛の部分的実践であることは、本当にその通りだと思います。

Image神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
(ヨハネの福音書3章16節)

Posted from keppadictus

« 彼のレプラはきよめられた | トップページ | 彼は主を信じた。主はそれを彼の義と認められた »