« 迷った一匹 | トップページ | その人 »

2016年8月18日 (木)

あなたがたの信仰のとおりになれ

残念な知らせが有っても、自分の道が定まっていれば、その道を歩めます。しっかりと道を歩めることと心に平安があることを祈りました。これを書きながら祈りがかなえられました。

"そこで、イエスは彼らの目にさわって、「あなたがたの信仰のとおりになれ。」と言われた。"(マタイによる福音書)

「あなたがたの信仰のとおりになれ。」いつもこの様に言葉をかけられている気がします。
私に与えられている目的と日々の目標。ここから生まれる願いがあります。同様に悲しみ、心配、苦しみ、恐怖、痛みから生まれる願いもあります。いずれの場合も解決してくださるのは神様です。そしてイエス様がとりなしてくださいます。
さて、本当に解決するのですか?神様にしかおできにならないのですか?これらの質問には、そう確信していますとしか答えられません。証明できますか?には、できませんとしか答えられません。
私はこれで良いと思っています。なぜなら論理的に解明できると信仰の価値がないからです。神様は人間を少し劣るものとしてお創りになりました。そして人間が神様を全面的に信頼して生きる様にされました。
信仰を持たずに生きると道に迷います。滅びの道です。
信仰を持って生きると神様のご計画された道を進みます。義人の道です。

世に希望を求めず、神様に希望を求めてください。義人の道は驚くべき恵みに満ちています。

Image神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
(ヨハネの福音書3章16節)

Posted from keppadictus

« 迷った一匹 | トップページ | その人 »