« その人 | トップページ | わたしがあなたがたを愛したように »

2016年8月25日 (木)

神は、罪人の言うことはお聞きになりません

いろいろなことを想像しますが、その様にはなりません。つまらないものです。いつも思い通りになるか、神様の意図された通りに生きる様に変えられ、この悩みから解放されたいと思います。

"神は、罪人の言うことはお聞きになりません。しかし、だれでも神を敬い、そのみこころを行なうなら、神はその人の言うことを聞いてくださると、私たちは知っています。"(ヨハネによる福音書)

聖句はイエス様に目が見える様にしていただいた盲人の言葉です。盲人は神様がイエス様の願いをかなえられたので、イエス様はキリスト(救い主)だと信じました。

聖句を読んで、罪を犯さない様にし、神様を敬い、思い通りの人生を歩もうと考えるのは、どうかなと思います。
罪を犯さないのは無理です。神様を敬うも、心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、と別の箇所で書いています。そもそも、みこころを行なうと思い通りの人生を歩もうは両立するのだろうかと思います。
実はイエス様をキリストと信じた者には、どれだけ聖句と自分がかけ離れていても、自分は聖句の様に変われるのではないだろうかという希望が有ります。
そうなりたくない思いも同時に有り、両者の葛藤が自分を苦しめます。なりたくない思いを捨てればすべて解決するのはわかっていますが、そうなりません。今の自分は神様の目には最高の状態で、時が来れば、計画に従って最高の状態が保たれる様に変えられるのだと思っています。

私たちはイエス様の名によって神様に祈ります。私たちには神様に願いをかなえていただく資格は有りませんが、イエス様がとりなしてくださっています。イエス様は罪人を救いに来られた方です。だから大丈夫です。

Image神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
(ヨハネの福音書3章16節)

Posted from keppadictus

« その人 | トップページ | わたしがあなたがたを愛したように »