« 木につるされた者 | トップページ | 幸いです »

2016年6月27日 (月)

これを全部あなたに差し上げましょう

複数の言語を話せる人、楽器を演奏できる人、人をねぎらえる人、考えて高等な結論を導ける人、こつこつと継続して積み重ねることができる人、リーダーシップを発揮できる人。人それぞれ光り輝く能力を持っています。単独では効果を得ず、組み合わさると素晴らしい成果を生みます。

"今度は悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華を見せて、言った。「もしひれ伏して私を拝むなら、これを全部あなたに差し上げましょう。」 イエスは言われた。「引き下がれ、サタン。『あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えよ。』と書いてある。」"(マタイによる福音書)

悪魔、サタンの申し入れは馬鹿げている様に見えますが、全ての人が何らかの形でこの取引に応じているのではないかと思っています。私の場合は、「残りの人生を悪魔に捧げるのなら、一生、酒の快楽を味あわせてあげましょう。」みたいな取引に応じてしまったのでしょう。そうして私は神様と歩む人生の素晴らしさを失ってしまうわけです。
この様に全ての人が自分自身と、神様に備えていただいた素晴らしい能力を悪魔に捧げてしまい。悪魔は常に空中の支配者として地上のすべてのものの所有者になるのでしょう。また、神様が与えてくれた能力も悪魔の思う通りに機能してしまっているように思います。結果、世は悪魔にとって理想的なものになり、神様の理想からどんどんと悪くなる仕組みになっているのでしょう。
ですが、イエス様がご自分の命を代価にして取引で失った私をこの世から贖い出してくれました。私は酒から解放されています。悪魔に捧げてしまった神様が備えてくださった宝である能力がどうなったのかはわかりません。この手紙を書き続けていることが宝かもしれませんし、代わりにいただいた宝かもしれません。生きがいであることは確かです。

みんながこの話に該当するのかどうかはわかりません。経験からですが、止めたいのに止められないことがあるのなら、自分を不幸に追い込む習性があるのなら、該当すると思いますので、ご一考いただくのが良いと、お勧めします。

Image神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
(ヨハネの福音書3章16節)

Posted from kepaddictus at Facebook

« 木につるされた者 | トップページ | 幸いです »