« あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます | トップページ | 私の肉のうちに善が住んでいないのを知っています »

2016年5月26日 (木)

私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださった

信じるだけで良いを信じられない人がいます。神様が何者かわからないのに信じられないという人がいます。教会を信じられない人がいます。教理が理解できないから信じられない人がいます。
信じて欲しいのは聖書です。聖書から今あなたに必要なことを得ることができます。

"私たちがまだ弱かったとき、キリストは定められた時に、不敬虔な者のために死んでくださいました。 正しい人のためにでも死ぬ人はほとんどありません。情け深い人のためには、進んで死ぬ人があるいはいるでしょう。しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。"(ローマ人への手紙)

イエス様は私たちの罪の贖いの代価となって十字架上で苦しまれ、お亡くなりになりました。そして墓に葬られました。ですが、神様が三日の後にイエス様をよみがえらせました。私たちが義人ではなく、情け深いものでもなく、弱く、不敬虔でかつ罪人であった時に成し遂げられた神様の救済です。
このことを信じた者は神様から義と認められ、天の御国で永遠に神様と暮らすことができます。
もちろんキリストの死に与ることによって律法から解かれますので、私たちを苦しめる罪の効力から解放されます。この罪の支配からの解放はこの世で生きている今、実現しますので、したくない悪癖や習慣に「NO」と言うことができます。これも神様の救済です。

実現されたことを信じるだけで良い、これを信仰と言います。信仰には何の労苦も必要ありませんので、神様の恵みだけが表されました。恵みだけで救いが完成したことによって、神様の義が表されています。神様はいけにえを受けるより、あわれむことを望まれます。神様の愛が余すことなく示されたのです。
満ち溢れている神様の愛と恵みを豊かに受けて幸いな人生を過ごしてください。お願いします。

Image神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
(ヨハネの福音書3章16節)

Posted from kepaddictus at Facebook

« あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます | トップページ | 私の肉のうちに善が住んでいないのを知っています »