« つめたい部屋の世界地図 再考 | トップページ | 神は私のたましいを贖ってよみの穴に下らせず »

2016年4月 8日 (金)

主を恐れること、これが知恵である

雨がしとしと降ったり降りそうだったりします。大抵は気が滅入るのですが今の薬を飲み始めた時、雨音が美しいと感じました。自分にその様な機能があることを嬉しく思いました。

"神は人に仰せられた。「見よ。主を恐れること、これが知恵である。悪から離れることは悟りである。」"(ヨブ記)
歳を重ねて愚かでありたく無いと思う様になりました。経験の積み重ねで狡猾に振る舞うことは良くないと考える様になり、それらのものは無益だと判断する様になりました。 畏怖を感じる何かと善悪の基準。この二つの根元が一致するときそれを宗教と呼ぶそうです。私の場合は引用した御言葉の通り根元は聖書が説く神様です。全てを創造された方です。

あなたにはその様な存在が有りますか?私が望むのは私と同じ神様を信じてくださることです。
世が見せる自分にとって都合の良い面と悪い面に振り回されて、流れにのまれないよう気をつけてください。見て分かる通り世は悪いです。
妥協せずに知恵を求めてください。

Image神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
(ヨハネの福音書3章16節)

Posted from kepaddictus

« つめたい部屋の世界地図 再考 | トップページ | 神は私のたましいを贖ってよみの穴に下らせず »