« 呉昌碩 野隺老人 | トップページ | 預言者が尊敬されない »

2016年4月19日 (火)

たましいに安らぎ

最近、よく寝ます。以前に医者にそう言ったら、私の体質なのでしょうと言われました。仕事で狂ってた頃は1日3時間睡眠で日中眠くなることもなかったのですが。

"すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。"(マタイによる福音書)

私は自分のたましいに安らぎがあるのかないのかよくわかりません。聖書の言葉は正しいので、私に何かが欠けていることになるのかもしれませんとなります。疲れてないから、重荷を負っていないから、イエス様のもとに行っていないから、くびきすなわちイエス様と共に仕事をしていないから、イエス様から学んでいないから、これらが揃ってないかもしれないということです。よくわかりません。

社会的に充実していた頃は周りの人間に苦痛を招いたと、貧困に陥ったこと、呵責から逃避をしたこと、自分がその様な人間であることから安らぎなどありませんでした。今は生まれつきの自分自身は何ら変わっていませんが気分が楽です。
メッセージを作成するのは楽しいです。最近はやりがいのある仕事に就いている気分がします。何もしていない負い目から心が楽になる気がします。これが安らぎが来るなのかもしれません。

イエス様に祈って、イエス様から言葉を頂いてメッセージを作っている感じがします。本来、私はこんなに言葉が豊富ではないです。
イエス様の言葉を載せた声があなたの心に届けば幸いです。

Image神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
(ヨハネの福音書3章16節)

Posted from kepaddictus

« 呉昌碩 野隺老人 | トップページ | 預言者が尊敬されない »