« たましいに安らぎ | トップページ | 依存症について »

2016年4月20日 (水)

預言者が尊敬されない

気候が良い日が続くので気分が良いですね。

"これらのたとえを話し終えると、イエスはそこを去られた。それから、ご自分の郷里に行って、会堂で人々を教え始められた。すると、彼らは驚いて言った。「この人は、こんな知恵と不思議な力をどこで得たのでしょう。この人は大工の息子ではありませんか。彼の母親はマリヤで、彼の兄弟は、ヤコブ、ヨセフ、シモン、ユダではありませんか。妹たちもみな私たちといっしょにいるではありませんか。とすると、いったいこの人は、これらのものをどこから得たのでしょう。」こうして、彼らはイエスにつまずいた。しかし、イエスは彼らに言われた。「預言者が尊敬されないのは、自分の郷里、家族の間だけです。」"(マタイによる福音書)

少し長い引用ですが、イエス様が身近な存在なので信じられなかった話です。
私はもちろんイエス様や預言者ではありません。私はいろいろな人を通して神様の語ってくださった言葉を聞き、あなたに取り次いでいるだけです。
この聖句と同様にあのアホの言ってることと思わず内容を吟味していただけたらと思います。

信じてくれる日を心待ちにしています。

Image神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
(ヨハネの福音書3章16節)

Posted from kepaddictus at Facebook

« たましいに安らぎ | トップページ | 依存症について »