« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

ラオデキヤ(熱くも冷たくもない者)

延滞してしまった。派手に借りていたので結構な金額になった。お金を無駄にしたことは大して気にならなかったが、こうなった経緯やこれの意味することを考えていて自分の心の貧しさに気付かされた。
そして次の聖句を思い出した。

あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、なんの不自由もないと言っているが、実は、あなた自身がみじめな者、あわれむべき者、貧しい者、目の見えない者、裸な者であることに気がついていない。(ヨハネの黙示録3章17節)

常々、富は自分の努力の成果ではなく神の御心によるのだと思っている。だから私は明日は失うかもとか、もう得られないかもなどとは考えないし心配もしない。そして心の赴くままに欲しいものを手に入れ、やりたいことをやりたいようにする。
決して満足は得られないことを知っていればそれで良いと思っていた。

自分の心の貧しさに気付いて良かったと思っている。

戸がたたかれている。戸を開けよう。

2010年8月22日 (日)

summertime

光景、音、におい、味、感触、全ては時の流れの中に消えていく。手ですくいあげた砂がこぼれ落ちるように。鮮やかによみがえった思い出が今に意味があるかのように心を照らす。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »