« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

息子が帰国した


長男がカナダから帰国して来ました。
豚インフルエンザの検疫を受けたようです。日本は騒ぎ過ぎとのことでした。

海外から見た日本について色々と聴きたかったのですが、昨日は疲れていたので止めました。

無事に帰国してくれたことを嬉しく思います。

2009年4月24日 (金)

久しぶりにバイクに乗ったりして

脚の方も75%加重まで回復したのでバイクに乗って買い物に行きました。
馬鹿じゃないのと言われそうですが、バイクは脚に負荷がかかりません。止まっている時もほとんど無負荷状態です。そうバイクが杖代わりになるのでした。
電車のように立ったり、階段を上ったりすることもないので実に楽です。

Img_0222_0116 KUSHITANI西宮

メッシュパンツを買いました。これで今年の夏は大丈夫です。昨年はあまりの暑さにバイクを封印しました。

ハイウエストメッシュパンツ2を購入しました。184cmなのにL/3W・・短足メタボ体系に鬱なわけです。
このパンツですがホームページ上の写真は色がおかしいです。実物は真黒です。それにシルエットがスリムでカッコいいです。膝のハードプロテクタもガッチリ固定できるすぐれものです。

帰りがけに考えてたのですが、メッシュパンツ、メリノウールのタイツ、D-DRYのレインウエアの組み合わせであらゆる状況に対応できるのではと思いました。

さて、家の駐車場でセンタースタンドを降ろそうとした時にに困ったことに気付きました。そうですこの作業は全加重です。

2009年4月23日 (木)

Brushes


深層心理の誘惑

横写真のテスト


しかし写真がでかいなーと思われ、横写真を添付して見ました。

iPhoneからBlogWriterで書き込む


メタルラックから生えたディスプレイとPCがサンダーバード見たいで気にいってます。
PCはアプリケーションのランチャーとiTunesに使用しています。

2009年4月20日 (月)

委託販売(正しい表現かはわかりませんが)

一月ぐらい前だと思われるのですが家内が光テレビの契約をNTTぷらら社としたようです。
本人に申込や契約行為をした覚えがないというのが少々怪奇な話です。

先日、NTTぷらら社から重要書類とセットボックスが送られてきて契約を締結している事実を知りました。

そもそも光テレビとは何なのだろうと思いGoogle itしてみました。
これです→ひかりTV

家はCATVにマンション契約で加入しています。
番組内容も変わらないようですし、料金が安くなるわけでもないのでひかりTVは我が家にとって全く価値がありません。家内はなんでこんなサービスを必要だと思ったんでしょうね。
その上、”月額基本料金とチューナーレンタルが最大2カ月無料”と言う特典を”必要なければ2か月以内に必要ない旨をカスタマーセンターに連絡すればお金はかからない”と勘違いしたようです。家内はなんでこんな勘違いをしたんでしょうね。

まったくなんでこうなるかなって感じですよね。

この勧誘はNTT西日本社からありました。家内はNTT西日本社に申込をしNTT西日本社はNTTぷらら社に連絡をして契約締結となったそうです。
口頭でのやり取りでも契約が締結してしまうなんて情報弱者の私共一家には大変恐ろしい。

ちなみに重要書類と一緒に送られてきた”必ずお読みください”と有るA4用紙六枚にびっちりと文字が書かれた規約は老眼で活字慣れしていない私には到底ご依頼を果たすことはできなさそうです。目がチカチカしまい何度挑戦しても挫折してしまいます。

さてNTT西日本社はこう言った委託販売(正しい表現かはわかりませんが)にNTT西日本社保有の個人情報を使用したことになります。なんかやだなって感じがしますが、どこかでなんらかの規約をまあいいかと読みもせず合意したのだろうと反省しているのですよ。

今回はキャンセルを受け付けていただきました。一切の支払いは発生しないそうです。
お忙しいところ文書でご説明頂きましたし、第三者にキャンセルされたことを確認頂けたようですので一安心です。

髄内釘のスクリューを一本抜く

本日またまた手術をしました。

Img_0214_0112 エロ注意

内容は簡単なもので髄内釘のスクリューを一本抜くといったものです。
時間は30分程度で局所麻酔でした。

  1. 麻酔をする
  2. 先生”痛いですか”
  3. 私”痛いです”

を繰り返します。まるで人体実験ですね。致し方ないことですが。

痛みがなくなった時に辺りを見まわしてみると、私の脚とそれに何か差しこんでる先生が壁に映ってました。ありゃー、幕を掛けて隠している意味がないですね。
皮膚を切って穴は開いているようです。
痛みもないので瞑想にふけるかと思いました。少し眠かったですし。

痛い

今まで味わったことのない痛みが突然襲ってきました。

「先生、すごく痛いんですが」と思わず口走ってしまいました。これは我慢してはいけない。絶対いけない。
奥に麻酔を追加して頂いたのですが、この痛みは緩和されません。先生が何かするたびに襲ってきます。
事故で骨折した時は意識がなかったので断定できませんが、骨が折れる痛みはこれかと思いました。

ところで骨に神経があるのとは思えないので先生に質問してみました。骨には膜があってそこに神経が通っているそうです。余計な機能があるもんだと思いましたが、この神経がなかったら骨折しても動き回ってしまうので、状態が悪くなるだけだなと人体の在り方に感心しました。

最後にスクリューを抜き取った瞬間、のけぞってしまいました。ちょっと恥ずかしかったです。

全身麻酔、腰椎麻酔、局所麻酔で骨の手術を受けましたが、局所麻酔のいつまで続くかわからない未知の痛みは最強だと思いました。

今日はこんな体験をしたので、もう何もしたくないというニート独特の気分です。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »