« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

手術後

手術が終わって、長い時間痛みに耐えた。

イエス様が私の痛みを十字架に持って行ってくださったような気がした。
この痛みが、イエス様に習うものとしての、私の十字架のような気もした。

神様は耐えられない試練は与えられない。

地面に足がつけるようになって、車椅子に乗れるまで、まだ2週間かかるとの事。
また、2週間。orz

2006年11月29日 (水)

手術

手術までの数時間が長い。

今まで気にならなかった物が不快に感じる。

これももうすぐ終わる。

2006年11月28日 (火)

弟子

イエス様の弟子として訓練される。
恐れる必要はない。

・イエス様がすでに経験されたことである。
・死んで終わりではない
・神様が見ておられる

2006年11月27日 (月)

マット

左足用のマットを改善してもらう。
ひどかった痺れに効果がありそうである。

ただ、この状態も明日一日。
明後日の手術で状況が大きく変わることを期待。

ベッドに腰掛けて座れるようになる。

2006年11月26日 (日)

忍耐

忍耐

今必要なもの。
神様のご計画、希望の中にとどまること。

2006年11月25日 (土)

かさぶた

右腕のかさぶた、4つ中3つがとれた。
傷が治っている。

2006年11月24日 (金)

平和

平和な一日であった。

軽い頭痛、便秘の不快感、左足の痛みは時々あるが、、、、

2006年11月23日 (木)

キリストにはかえられません

”キリストにはかえられません。世の何物も。
世の楽しみよされ、このお方で心の満たされてある今は。
このお方が私に代わって死んだゆえんです。”

こんな風に熱狂的になれるのだろうか。
胸をはって歌えるようになりたい。

神様を信じ、神様だけを信頼し、いつも神様にお願いすること、これが全てを尽くして神様を愛することなのだろうか。
そうであれば、今の状況は、その訓練だ。
これは永遠に残るものだ。

2006年11月22日 (水)

んこ

一日、んことの戦い。
めちゃくちゃ苦しい。

(詳細は内容的に問題があるので割愛)

無知が苦しみを増強している。
祈って、開放され、事実を知り、なんでもなかったことを理解する。

看護され慣れてきた。

家内が着てくれた。
子供たちにも会いたい。

2006年11月21日 (火)

洗髪

今日は洗髪していただいた。気持ちいい。
層になっていたフケがとれた。
これも神様の恵みだ。神様が私のために人を動かしてくださる。

看護婦さんともめる。

悪いことも受け入れなければいけない。
全体を通して神様が良くしてくださる。
それを忘れると、知恵なく怒り、溺れてしまう。

昨日の今日でこの始末である。

2006年11月20日 (月)

頭痛2

今日もずっと頭痛である。
昨日、看護婦さんから”市販薬を家から送ってもらってください”と言われる。
何と非常識なことをと思う。

祈っても何も起こらない。
”なぜ捨て置かれるのですか”と祈った。

父が見舞いに来てくれる。
父に薬を買ってきてくれるように頼のみ、やっと入手。
頭痛が治る。。。。

神様は実にか細く、隠れた所で働かれる。
不思議に思える一連のできことであった。
信仰がないとわからないと思った。
そしりをはらして頂いた気分である。

父が来てくれたのはうれしかった。
心のどこかでほっとした。

精神科医の先生が面談に来てくださった。
会話をしていると気分が楽になった。

これらは全て神様の恵である。
私は溺愛されたバカ息子だ。
神様のわざは偶然やこじつけではなく、ただ信仰によって確信するものだ。

2006年11月19日 (日)

頭痛

ここ2日ほど朝食後から昼過ぎまで頭痛がひどい。
与えられている薬が効かない。
前に使っていた薬に変えてくれるようにお願いするが、扱っていないし、主治医がいないからだめとのこと。

人に頼るとその人の力量、状況から失望するものだ。
待って、待ってしている間にしみじみ思った。

神様に頼ろう。
なんと、同じ成分で専用に調合してくれるとな。
神様は全てのものを使って事をなされるのだ。

”鼻で息をする人間をたよりにするな。そんな者に、何の値打ちがあろうか”イザヤ書2章22節

2006年11月18日 (土)

再度

事故のことを何も憶えていない。
良くも悪くもまったく憶えていない。
事故は相手の責任で起こったんだ、と都合の良いことばかりを想像していた。

裁きは神様にゆだねよう。
結果を受けよう。判らないんだから。

神様、またバイクを楽しませてください。
家族に心配をかけないように、事故にあうことがありませえんように、全てを整えてください。

2006年11月17日 (金)

今の自分

朝、気分よく目覚めた。
一日一日になれてきたか。

今の自分で良いのでないだろうか?
今まで信じてきたことを疑ってはいけない。
だまされ続けたんじゃない。

今までの延長線上に今を考えるべきだ。
寝たきりであっても希望があれば、生きていけることが分かった。
意味のない状態などない。

治る希望。家に帰る希望。

やっと頭痛薬をもらう。

2006年11月16日 (木)

バイク

朝4時位まで眠れる。

なぜか座れるような気分になって、一生懸命に座ろうとしていた。
結局ベッドの頭を上げてもらった。

手術が29日に設定される。それまではベッドに固定された状態との事である。

個室から大部屋に移動。
貧血が進んでいるので鉄分の投薬を始める。

バイクはもう諦めか?
それは寂しい。自分的にはまだ乗りたい。
家内の気持ちを考えるとだめかな。

神様は何を見ておられるのだろうか。知りたい。

2006年11月15日 (水)

昼夜逆転

0時に目覚める。
昼夜が逆転しているが、自分の状態からはその差は感じない。

神様と交わる時間を持ちたい。
何もかも失って時間だけがある状態だが、どうすれば良いのか解らない。
祈り求めるだけか。

自分に何が足りないか解らない。
語りかけていただけないのだろうか。

2006年11月14日 (火)

喪失

夜が長い。

足が痛くて薬をいただく。

事故相手の会社の方と保険会社の方がこられた。
私がカーブを曲がりきれず、事故は起こったのこと。

家内が警察と現場に行き、私が全面的に悪いことを伝えられてきた。

バイクの写真を見る。グチャグチャである。

また、何もかも失った。
右手だけが自由であることに気付く。

2006年11月13日 (月)

事故

ガチャガチャと音がする。
ここはどこだ。何やってんだ。
俺の足を持ち上げて、ドリルでなんかしてるぞ。

あっ病院だ。俺、事故ったんだ。

ベッド移動で身体が痛い。”もうやめて”。

とんでもないことになってしまった。

鳥取砂丘に向かってから、病院で気付くまでの記憶が無い。
頭を強く打ったことによる、一時的な記憶喪失とのこである。

両足、左肩、骨盤の右端を骨折。
両足を牽引されベッドに身体を固定。
右手と首しか動かない状態になってしまった。
いつまで続くのか不安になる。

夜中に家内が来てくれた。喜びがあった。

神様が、このことを通して何を学ぶように望まれているのかを知りたい。

兵庫鳥取県境

兵庫県日本海沿岸縦走の旅

ゴール。やった。

暗くて写真がとれない。
あと10数キロで鳥取砂丘。そこまで行って、家に帰るか。

余部埼灯台

兵庫県日本海沿岸縦走の旅

潮の音、バイクの鼓動。
あと少し。

061113_17140001_1

余部鉄橋

兵庫県日本海沿岸縦走の旅

超巨大ジェットコースターである。
さよなら。

061113_16590001_1

香住

兵庫県日本海沿岸縦走の旅

かなり疲れたので、休憩。
カニおいしそう。
かに味噌入りの海苔の佃煮を購入。

061113_16280002_1 061113_16280001_1

城崎温泉

兵庫県日本海沿岸縦走の旅

いきなり温泉街が登場。
みんな浴衣じゃないですか。
カニの香りがする。
この通りを抜けると山道に入るんだよな、小さくて不思議なところである。

061113_15440001_1

久美浜

兵庫県日本海沿岸縦走の旅

内海と外海。橋の下から撮影。
つながってるんだよな。この橋の下で。

061113_15070001_2 061113_15100001_1 

通行止め2

兵庫県日本海沿岸縦走の旅

また。orz
今度は行かない。

061113_14270001_1

丹後松島

兵庫県日本海沿岸縦走の旅

やっと海にでた。(^O^)/

061113_14100001_1

通行止め

兵庫県日本海沿岸縦走の旅

この標識に従って置けばよかった。orz
この後、1時間ほど行って引き返す。

061113_13380001_1

舟屋の里 伊根

兵庫県日本海沿岸縦走の旅

なんかいい感じの道の駅である。
あら煮定食1200円。うまー、、、
青島と言うそうだ。

061113_12050001_1 061113_12300001_1 061113_12490001_1

天橋立

兵庫県日本海沿岸縦走の旅

あったかくなってきた。
うわさでしか知らなかった天橋立を初めて見る。
たしかに奇怪な光景である。

061113_11400001_1

SL広場

兵庫県日本海沿岸縦走の旅

加悦鉄道資料館
061113_11140001_2

道の駅かや

兵庫県日本海沿岸縦走の旅

なんとなく見つけたので立ち寄る。
061113_11010001061113_11030001_1061113_11000001   

道の駅とうじょう

兵庫県日本海沿岸縦走の旅

前回、たどり着けなかった道の駅東条にて休憩。
コーヒーを飲む。061113_08520001_1

2006年11月12日 (日)

新たな動き

新たな動きの予感。

ルカの福音書15章、詩篇119篇65節~72節、箴言11章、歴代史第一29章、出エジプト記16章、使途の働き7章54節~60節(Clay)

メリタのコーヒーメーカー

2006111201 メリタのコーヒーメーカーを入手。
ポットが魔法瓶の優れもの。
スターバックスの豆とあわせてグーッド。

生活に対する心配とバイク三昧について家内と議論になる。
このコーヒーメーカーで入れたコーヒーを飲んでクールダウン。

結論、信仰の濃い薄いはあって当たり前、神様からの恵として与えられるものだから。
愛を持ってお互いのちぐはぐをいたわりあう必要がある。

信仰を自分で勝ち取ったような錯覚に陥っていた。高慢である。悔い改める必要がある。
ただこれがまた悔い改められないので、神様の前に持っていこう。

エンジニアブーツ

2006111205 バイカーブーツとしてRedWingのエンジニアブーツを入手。シブッ 

 

 

 

 

2006111204 ÷2006111203

=20km/L

ハンドベル

2006111202ハ ンドベル。新しい楽器には手を出さないことにしている。

礼拝

最後に感動してしまった。

賛美

590”すくいぬしイエスと”

学び

詩篇16篇5節~6節:相続する物。”ゆずりの地所”、”杯”。
ヘブル人への手紙10章10節:”私たちは聖なるものとされている”
ローマ人への手紙8章14節~17節:”神の御霊に導かれる人は、だれでも神の子供です。”
ローマ人への手紙8章18節:”将来私たちに啓示されようとしている栄光”
ルカの福音書7章28節:”神の国で一番小さい者”
マタイの福音書16章13節~19節:ペテロの信仰告白。”天の御国のかぎ”

我々の相続する物。
現世では義認(義と認められる)、聖化(世俗からの分離)、子とされる(相続を約束される)。
来世では花嫁(神の国で一番小さい者とは救われた者でのの意味)。

賛美

454”まどいのくもきえて”、530”なやむよびとのために”、”シャロンの花”

伝道①

ルカの福音書13章22節~24節:”努力して狭い門から入りなさい”
マタイの福音書11章28節~30節:”わたしがあなたがたを休ませてあげます。”、”わたしのくびきを負って”

昨今の知的人間の受難。何も持たずに一人でへりくだって。永遠のいのちへ。

伝道②

伝道者の書3章1節~3節:”全ての営みには時がある”
伝道者の書3章9節:”働く者は老躯して何の益を得よう”
伝道者の書5章15節~16節:”自分の労苦によって得たものを、何一つ手に携えて行くことができない”
伝道者の書11章9節~12章1節:”あなたの若い日にあなたの創造者を覚えよ。”
伝道者の書12章13節~14節:”神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってのすべてである”

終着を見据えた時、目をそらしていた不安に直面する。
死に対する不安、価値を見出せない不安、罪に対する不安

2006年11月11日 (土)

寒くなりました

雨が久しぶりに降って、寒くなりました。

ルカの福音書14章、詩篇119篇57節~64節、歴代史第一28章、出エジプト記15章、ハガイ書通読、テサロニケ人への手紙第一通読、箴言19章1節~2節(Clay)

収穫は多い

2006111101 息子たちが収穫した柿である。
たくさん取れた。木にはまだまだなってるとの事。

今日は三男の音楽会、ポルトバザールでショッピング、家内と家族で行動。
柿は実家でとれたもの。

三男が”テキーラ”でボンゴをたたく。小学校の音楽会で”テキーラ”と思ったが、、、

2006年11月10日 (金)

バイクいじりの一日

今日は午後一日、バイクをいじっていた。コウナンへ行ったり来たりでつかれた。

ルカの福音書13章、詩篇119篇49節~56節、箴言10章、歴代史第一27章、出エジプト記14章、オバデヤ書通読、使途の働き7章51節~53節

魚棚

2006111003 もう終わったのか、まだ始まってないのか、どちらだろうか。
 

 

 

2006111002 すごいなー。徹底してるなー。
みんなどうしたんだろう。

確かに、原付スクータと自転車であふれかえってたもんなー。

西へ

2006111001 今朝のメータ。

昨日は朝のハローワークと夕方は2号線を西に向かい加古川の手前を北上、稲美町を通って山側を帰る。

いつも通っている道が総合運動公園につながっていることがわかった。どこで曲がればいいのかまだ分からない。

2006年11月 9日 (木)

たいせつなきみ

2006110902 わたしはこの絵本が大好きである。

今の自分で良い、と認識できることは何物にも変えがたい恵である。
自由、勇気、希望が与えられる。

ルカの福音書12章、詩篇119篇41節~48節、箴言9章、歴代史第一26章、出エジプト記13節、ダニエル書12章、使徒の働き7章44節~50節

信仰がわたしを支えてくれる。

祈りの課題

昨日の祈り会ででた課題を家内に伝える。
日ごろ思っていることや信仰について話し合う時間が持てた。
これからも続けよう。

ハローワークのおかげでこの時間がとれた。無ければツーリングに行ってる。

最近何もしていないことを気にしていたが、吹っ切れたような気がする。

ハロワーク

昨日、忘れていた失業認定申請書の提出をしにハローワークへ行く。

あっさり、受給開始が1ヶ月遅れるとの事。
神様の御心なのだろうと納得する。

職業訓練の申し込みをし、求人パソコンを閲覧してみる。
給与額を気にしなければ仕事はたくさんある。ぜんぜん、問題ない。

2006110901 今朝のメータ。

日本海は来週

明日は失業認定、明後日は病院なので今週の日本海ツーリングはないな。

ルカの福音書11章、詩篇119篇33節~40節、箴言8章、歴代史第一25章、出エジプト記12章、ダニエル書11章、使徒の働き7章17節~43節

今日は兄弟姉妹との交わりから糧を得た。

忘れてた

2006110806 今日は雇用保険初回認定だった。忘れてたorz

朝、気になったから、日付の確認をして失業認定申告書を書いたのに。
行くのはもっと先だと思い込んでいた。何で?

何も出来ない

祈り会@尼崎キリスト集会

賛美

298”世にあるかぎり”、536”ガリラヤこのきしにて”
536はいいな。またバイオリンのCDを探そう。

祈り

課題を出し合う。

祈り続けていることが思ったように解決しない。
何が起こっていて、何が正しくて、どうあるべきかがまったく判らない。
祈りのことばが出てこない。

交わり

祈りのことばが出てこないこと、最近、バイク三昧で何もしていないこと、苦しかった時の方が熱心であったように思えることを兄弟姉妹に相談する。
でも、日々平安である。

結論は”何もしない”ではなく”何もできない”だからじたばたしない。
祈りのことばは”主にゆだねて平安を得る”。

信仰は与えられるものである。
兄弟姉妹のために主を信頼する信仰が与えられるように祈ろう。

2006年11月 8日 (水)

25の壁

2006110801 朝のメータ。8000kmを越えている。

 

 

帰宅時の給油。

2006110805 ÷2006110804

=22km/L(どうやったら30超えるんだ?)

10/30に精米した10kgの米が無くなり。再度の精米。
その間9日なので1日1kgを超えている。男の子が3人いるからなー。

2006110802 2006110803 何回見ても面白い。

2006年11月 7日 (火)

どうしても必要なこと

”どうしても必要なことはわずかです。いや、ひとつだけです。”ルカの福音書
今、この一つの必要なことを選択しているのだろうか。

ルカの福音書10章、詩篇119篇25節~32節、箴言7章、歴代史第一24章、出エジプト記11章、ダニエル書10章、使途の働き7章9節~16節(Clay)

”神に愛されている人よ。恐れるな。安心せよ。強くあれ。強くあれ。”ダニエル書

能勢奥山自然の森キャンプ場前林道出口

途中、分岐があったのでまたこよ。2006110711 2006110712 2006110713

能勢奥山自然の森キャンプ場前林道途中

ダートが続く。
ヘタッピなので怖い怖い。

ここでお昼休憩。2006110708 2006110709

 

 

 

こんな看板を見るとまた来たくなる。2006110710

能勢奥山自然の森キャンプ場前林道入り口

10年近く毎年来ていたキャンプ場。
あまり自然に手が入っていないのがお気に入りのポイントであった。
管理人のお兄さんが辞めてから行ってない。

200611070520061107062006110707   

 

  

くわがたが良く採れる。
サイト内ではこくわがたがよく取れる。
少し林道沿いを歩くと、大きなみやまくわがたが採れるポイントがある。

この林道をずっと行くと何があるのだろといつも思っていた。

林道入り口のクヌギのほこらがたくさんあるところが工事されていた。
もうくわがた採れないかな。

2006110704 キャンプ場前林道入り口近く。
ここは健在。

能勢へ

能勢に行くことに決定。まずは給油。

2006110702 ÷2006110703

=20km/L(うーん)

小雨

2006110701 ツーリングは無理だな。orz

ニュースによると日本海側は雨、南部は晴れ。
岡山か能勢に行ってみるか。

2006年11月 6日 (月)

ツーリング前夜

2006110603 またまたツーリングマップを購入。兵庫県日本海沿岸走破を計画。
朝6時出発、夜7時帰宅予定。
本当に行くことを想像して地図を眺めるのは、なかなか楽しくてよろしい。知らなかった。

ルカの福音書9章、詩篇119篇17節~24節、箴言6章、歴代史第一23書、出エジプト記10章、ダニエル書9章、使徒の働き7章1節~8節(Clay)

”わたしは地ででは旅人です”詩篇

点検整備

2006110602_1 パネルを全部はずして点検整備実施。

バッテリが心配だったが問題なし。液も十分。
エンジンオイルが少なめ。先日、ディーラにお願いしたオイル交換で補充が少なかったのであろう。足してもらいに行こう。
ショックアブソーバの設定がかなりソフトになってたので、ハードに変更。これもオークション評価”サスへたれ”の原因と見た。前の持ち主は背が低かったのだろう。

フロントカウルの作りがチャチで雑。二度と触りたくない。

2006110601 今朝のメータ。

2006年11月 5日 (日)

ツーリングマップ

20061105 四国にツーリングに行きたくてツーリングマップを購入。
剣山スーパー林道を中心にコースを検討中。蒲生田岬は外せない。

ルカの福音書8章、詩篇119篇9節~16節、箴言5章、歴代史第一22章2節~19節、出エジプト記9章、ダニエル書8章、コロサイ人への手紙通読、使途の働き6章8節~15節(Clay)

今日は1日中眠い。

携帯忘れた

礼拝

3番目が定位置になりつつある。
今日は自分の祈りが終わった後に、祈りの言葉が次々に頭に浮かんできた。

学び

テモテへの手紙第二4章1節~8節:”みことばを宣べ伝えなさい”、”走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。”
テモテへの手紙第二4章17節~18節:”主はわたしを、全ての悪のわざから助け出し、天の御国に入れてくださいます。”

救いとは罪びとが罪を持ったまま自由になること。
神の前に私たちは唯一であり、今の私達を良しとされる。

賛美

”主われを愛す”、”祈ってごらんよわかるから”、”みよわれはたちて”

伝道①

ヨハネの福音書14章6節:”わたしが道であり、真理であり、いのちなのです”
創世記1章1節:”初めに神が天と地を創造した”
ダニエル書9章25節~26節:イエスの来ることの預言

予想外のことが起こる短い人生。神は全てご存知で、わたしたちを愛してくださる。

伝道②

使途の働き17章19節:”知られない神に”
エペソ人への手紙2章1節~6節:”罪過の中に死んでいたこのわたしたちをキリストとともに生かし”

法律的な罪、道徳的な罪、絶対的な罪

2006年11月 4日 (土)

飛行機

2006110402 三男と飛行機を作る。

ルカの福音書7章、詩篇199篇1節~8節、箴言4章、歴代史第一21章~22章1節、出エジプト記8章、ダニエル書7章、箴言18章尾23節~24節(Clay)

英会話教室

20061104 以前、SYMで使用していたトップボックスをDakachanに装着。
やっぱり便利である。
昨日到着した専用のステーとプレートは汎用物とは違いかなり頑丈。

今日は芦屋恵キリスト集会の英会話教室に長男と参加。
1時間の授業と1時間弱の雑談。楽しいひと時でした。
まったく違うタイプの人が10人。

テーマはWouldの使い方。

私は3年間のご無沙汰のためさっぱりだめ。
息子は結構しゃべれてる。

2006年11月 3日 (金)

風邪気味

昨晩の夜更かしで、今朝は寝坊。なんとなく風邪気味。

今日の特別学び会でRoy Hill兄が”夜明けを見ることはクリスチャンにとってすばらしいことだ”とおっしゃっていた。(マグダラのマリヤは復活の朝、夜明け前に家を出て、日の出を見ている。つまり始まりを見ている。)
確かに夜明け前に起きて、朝食まで時間を取ると充実した気分になる。

ルカの福音書6章、使途の働き6章1節~7節(Clay)

特別学び会

2006110302 特別学び会@東大阪市立市民会館

テーマは”復活されたキリストの現われ~His appearance~”
講師はBro. Roy Hill

賛美
520”ただ主を”

学び
ヨハネの福音書20章1節~18節:マグダラのマリヤ

賛美
601”あいする主よわが君よ”

学び
ヨハネの福音書20章19節~30節:弟子たち、トマス

賛美
168”いざひとよ”

学び
ルカの福音書24章13節~36節:クレオパ

賛美
179”おおくのかむり”

学び
ヨハネの福音書21章1節~22節:ペテロ

2006110303 みんな初めは復活されたイエスを認識できない。
トマスは傷を見ていない。だれかが傷を見たと言う記述はない。
クレオパとその連れは”彼らの目が開かれ、イエスだとわかった”とある。
ペテロはヨハネに教えられて気付いたし、ヨハネは業を見て気付いた。

イエスは見かけで認識できるのではなく、栄光を見て認識できるのである。
つまり、我々も今、イエスを見ることができるのである。

(”見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。”と書いてある。目が開かれると見ることができる。どんなにすばらしいことだろうか。)

7777

左は今朝のメータ。右はフィーバー。2006110301_1 2006110304_1

2006年11月 2日 (木)

ヘタッピ

原付スクーターだとフルスロットルで曲がれるコーナーを、Dakachanだと曲がりきれずにガードレール間近まで行ってしまい怖い思いをする。ぎりぎりセーフなのだが洒落にならない。

バイクを寝かしきれていない。ブレーキングもおかしい。バイクに体を預けていないのだ。
原付スクーターの癖で足ブレーキを使わず、クラッチを切ってしまうこともある。お子様級である。

うまくなりたい。
神様、事故を起こさないようにライディングテクニックを与えてください。

ルカの福音書5章、詩篇118篇、箴言3章、歴代史第一20章、出エジプト記6章28節~7章、ダニエル書6章、使途の働き5章33節~42節(Clay)

”あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。”箴言

かっこ悪

2006110206 ミラー小さ過ぎ・・・・・orz
銀色のマークも嫌だ。

なぜこうなったかと言うと、立ちゴケして左ミラーを折ってしまった。
オフロード用のぐにゃぐにゃ曲がるのに交換。

交換前は真後ろまでカバーしてたのに、違和感がある。

折れたの図、大小比較の図、2520円もする交換パーツの図
この折れたパーツの残りがミラーからはずせないような気がする。

20061102042006110205 2006110207

23.8km/L

2006110201 今朝のメータ。7607km。
昨日の林道ツーリングで結構、走ってる。

 

 

2006110203 ÷2006110202

=23.8km/L
最高記録。とは言えよくはないよなー。
なんか問題があるのかなー。

2006年11月 1日 (水)

湯上り

2006110119 意味無く手。

ルカの福音書5章、詩篇117編、箴言2章、歴代史第一19章、出エジプト記5章~6章27節、ダニエル書5章、使途の働き5章27節~32節(Clay)

Clay”今日の霊想”は良かった。

ペテロ

学び会@尼崎キリスト集会

賛美

229”おどろくばかりの”

学び

ヨハネの福音書1章40節~42節:”私たちはメシヤに会った”
ルカの福音書5章1節~11節:”網をおろして魚をとりなさい”、”あなたは人間をとるようになるのです”、”何もかも捨てて、イエスに従った”
ルカの福音書6章12節~16節:”十二人を選び、彼らに使途と言う名をつけられた。”
ルカの福音書22章31節~32節:”あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。”

出会い→従う決心→使途としての召し→主の励まし

”伝道”と”羊の群れを養う”

雪彦山林道

雪彦山林道を行く。
ヘタッピなのでゆっくりと走る。
砂利道でタイヤが滑ったり。カーブで膨らんだり、何回かハッとすることがあった。
途中、軽いがけ崩れで通行止めがあったが、さすがオフ車なんのその。

スタート地点。すすきがいい感じ。200611010420061101052006110106

 2006110107

 

  

地図2006110109 2006110110

 

 

 

食事2006110112 休憩2006110114

 

 

 

ゴールの雪彦山登山口
昔、ハイキングのつもりで登ってえらい目にあったことがある。200611011520061101172006110118_1 2006110116

7318km

2006110101 今朝のメータ。

 

 

 

2006110103 ÷2006110102

=20.4km/L(orz)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »